CAV方式

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典

しーえーぶいほうしき 【CAV方式】 Constant Angular Velocity

Constant Angular Velocityは「角速度一定」の意味で、CAV方式は、回転する円盤にデータを記録するタイプデバイスにおいて、常に一定の回転速度で記録盤を回転させながら、データの読み書きを行なう方式を指す。この際、円盤の内周と外周では円周の長さが異なるので、ヘッド(ピックアップ)が外周に向かうほど、ヘッドと記録面の線速度は大きくなる。記録盤の回転速度を一定にしたままヘッドのシークだけでデータを読み書きできるので、高速なランダムアクセスが可能になる。

コンピューター関連デバイスで、CAV方式を採用する代表的なデバイスとしてはハードディスクが挙げられる。このようなCAV方式に対し、ヘッドと記録盤の線速度を一定にしてデータを読み書きする方式をCLV方式と呼ぶ。


個人用ツール
表示

索引

記号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0
A B C D E F G H I J K L M
N O P Q R S T U V W X Y Z