CABファイル

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典

きゃぶふぁいる 【CABファイル】 CABinet file

マイクロソフトが開発したMicrosoft Windowsで使われるデータ圧縮ファイルフォーマットの1つ。CABはCabinet(キャビネット)の略。圧縮率が高い、圧縮時間が長い、フォルダの圧縮は不得手という特徴がある。Windows Installerでは標準に用いられ、圧縮率がLHAなどよりも高く、汎用のデータ圧縮形式としても用いられることもある。CABファイル拡張子は、「*.cab」か、元のファイルの拡張子の最後の1文字を「_」に置き換えたものになる。マイクロソフトはCABファイルを作成するMakecab.exeや、ファイル圧縮インターフェイス(FCI)およびファイル展開インターフェイス(FDI)を含むMicrosoft Cabinet SDKとして公開しており、CABファイルを開発できるようにしている。

関連項目


個人用ツール
表示

索引

記号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0
A B C D E F G H I J K L M
N O P Q R S T U V W X Y Z