AIDMA

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典

あいどま 【AIDMA】 AIDMA

1920年代に米国のサミュエル・ローランド・ホール氏が、消費者が商品を初めて知り、購入するまでのプロセスを5段階に分けて整理した行動モデルのこと。「AIDOMAの法則」とも呼ばれる。消費者の注意を商品に向ける「Attention(注意)」、商品を売り込んで消費者に関心を持たせる「Interest(関心)」、消費者が商品を欲するようになる「Desire(欲求)」、消費者が商品を記憶する「Memory(記憶)」、消費者に行動を起こさせる「Action(行動)」からなる。この5段階は、「認知段階(Attention)」、「感情段階(Interest、Desire、Memory)」、「行動段階(Action)」の3つに分けられる。プロモーション戦略の基礎的な考え方として用いられることが多い。

関連項目


個人用ツール
表示

索引

記号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0
A B C D E F G H I J K L M
N O P Q R S T U V W X Y Z