6x86MX

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典

ろくえっくすはちろくえむえっくす 【6x86MX】 6x86MX

Cyrixが開発したPentium Processor with MMX Technology/Pentium Ⅱ対抗のSocket 7互換プロセッサーM2開発コード名で呼ばれていた。ラインアップとしては、Pentium Processor with MMX Technology-166MHz/200MHz、Pentium Ⅱ-233MHzと同等の性能を発揮するとされる3製品が提供されている。内部クロックは133MHz~188MHzで、内外クロック倍率は2倍または2.5倍である。

6x86MXは、基本的に6x86ベースにさまざまな改良が施されている。具体的には、Pentium Processor with MMX Technology互換のMMX命令実行ユニットを内蔵し、1次キャッシュを4倍の64Kbytesに増量、TLBやBTBの構成を変更する、などといった大幅な改良が行なわれた。命令体系はx86 CPUと互換で、ピン配置はPentium Processor with MMX Technologyと互換性がある。MMX機能は、Cyrixが独自に解析して実装したものである。

6x86MXデュアルボルテージ構造を採用しており、コア電源は2.9V(初期バージョンは2.8V)でI/O電源は3.3Vである。


個人用ツール
表示

索引

記号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0
A B C D E F G H I J K L M
N O P Q R S T U V W X Y Z