3D

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典

すりーでぃー 【3D】 3D

3-dimensionの略。3D機能を備えたグラフィックソフトウェアでは縦、横、奥行きの3次元(立体)の形状データをもっていて、2次元の画面上で自由に角度(アングル)を変えたり遠近感(パースペクティブ)を付けることができる。3次元の形状データを作ることをモデリングといい、形状データから表示画像を計算することをレンダリングという。またレンダリングに際して面に陰影を付けて立体感を表現することをシェーディングという。3D機能をもつソフトウェアは一般にグラフィックソフトウェアだが、表計算ソフトでも3次元グラフを使えるものが多い。System 7.5.2からは、OSレベルでQuickDraw 3Dという3D機能が提供されている。

関連項目


個人用ツール
表示

索引

記号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0
A B C D E F G H I J K L M
N O P Q R S T U V W X Y Z