32GBの壁

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典

さんじゅうにぎがばいとのかべ 【32GBの壁】

97年前半までに出荷されたウィンドウズパソコンでは、2GBを超える領域を1つのドライブとしてフォーマットできなかった。しかし、ウィンドウズ98アップグレードすれば、8GB程度まで(IDEドライブの場合)のドライブをフォーマットできる。8Gバイトを超える場合は、パソコン本体BIOSが8GB以上のIDEハードディスクに対応している必要がある。'98年以前に発売されたパソコンでは対応できないことが多い。その場合、本体のBIOSのバージョンアップなどで対応できる場合もある。1999年以降に発売されたパソコンの多くは8GB以上のIDEハードディスクに対応済みだ。また、最近では32GB以上のハードディスクが使えない問題。大容量ハードディスクの登場で、ハードディスク交換は手近なアップグレードとなったが、1999年中に発売されたパソコンのほとんどは32GB以上のIDEハードディスクを認識できない。認識できるパソコンでフォーマットしてから接続すると認識できる場合もあるが、30GB以下のハードディスクを使うのが無難。本体のBIOSを対応済みのバージョンにアップグレードするか、ウルトラATA66カードを利用することでこの問題を回避できる。しかし、BIOSアップデートはパソコン本体メーカーによって行っていない場合があり、ウルトラATA66カードは他の周辺機器(SCSIカードなど)との相性の問題もあり、確実というわけではない。


個人用ツール
表示

索引

記号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0
A B C D E F G H I J K L M
N O P Q R S T U V W X Y Z