32ビットディスクアクセス

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典

さんじゅうにびっとでぃすくあくせす 【32ビットディスクアクセス】 32ビット disk access

スワップファイルへのアクセスを高速化するために、Windows Ver.3.1で追加された機能(Fast Diskと呼ばれることもある)。 リアルモードDOSの上で動くTSRや、マルチタスクを前提とせずに作られた複数のDOSプログラムデバイス共有するために、Windowsシステムは、これらのソフトウェアによるハードウェアアクセスをWindows起動前のDOS環境実行するようにしている。このためWindows環境からのディスクアクセスでは、x86のリアルモード(MS-DOSのディスクインターフェイスやBIOSなどを呼び出すとき)とプロテクトモード(デバイスアクセスを監視するWindowsの仮想デバイスドライバーで処理を行なうとき)を行き来しなければならない。このモードの遷移は重い処理で、頻繁にディスク入出力などを行なうスワップ処理ではそのオーバーヘッドは無視できない。そこでリアルモードレベルのMS-DOSのディスクルーチンやBIOSルーチンを呼ばずに、Windowsシステムが実行されているプロテクトモードから直接スワップファイルへのアクセスを可能にしたのが32ビットディスクアクセスである(「32ビット」がついているのは、32ビット環境であるプロテクトモードからディスクアクセスを行なうため。実際に32ビット幅でディスクにデータ転送を行なうわけではない)。


個人用ツール
表示

索引

記号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0
A B C D E F G H I J K L M
N O P Q R S T U V W X Y Z