32ビットアドレッシング

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典

さんじゅうにびっとあどれつしんぐ 【32ビットアドレッシング】

漢字Talk 6.0.7まではシステムが認識するメモリーは最大8MBまでだったが、この制限を取り払うために漢字Talk 7.1で、32ビットアドレッシングが採用された。かつては32ビットアドレッシング機能を使うために、コントロールパネルの「メモリー」で「32ビットアドレス」の設定を「入」にする必要があった。PlusSEClassicなど、CPU68000機種では32ビットアドレッシングを利用することができず、またCPUが68020以降でも、Ⅱ、Ⅱx、Ⅱcx、SE/30の4機種は「32-bit System Enabler」のインストールが必要であった。Power Macintosh32ビットアドレッシングのみで、現在ではこれが標準である。


個人用ツール
表示

索引

記号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0
A B C D E F G H I J K L M
N O P Q R S T U V W X Y Z