.RLEファイル

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典

どっとあーるえるいーふぁいる 【.RLEファイル】

Run Length Encodedと呼ばれる方法で圧縮されたデータファイル。このRLEでは、同じビットが連続する場合は、そのビット値と繰り返し数を記録しておく。RLEは、ビットマップファイルなど、同一のビット値が連続するようなファイルの圧縮方法として有効。

Windows 3.1では、WindowsインストールしたときにSystemディレクトリにインストールされる.RLEファイル(VGALOGO.RLEなど)が、Windowsの起動時に表示されるロゴビットマップである(ただし実際の起動時ロゴはWindowsの起動プログラムであるWIN.COMにインストーラによってアタッチされるので、Systemディレクトリのこのファイルを変更しただけでは、起動時のロゴは変わらない)。またマニュアルには記載されていないが、.RLEファイルをWindowsの壁紙として指定できる。


個人用ツール
表示

索引

記号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0
A B C D E F G H I J K L M
N O P Q R S T U V W X Y Z