通貨スワップ協定

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典

つうかすわっぷきょうてい 【通貨スワップ協定】

通貨スワップとは、円と米ドル、米ドルとユーロなど、異なる通貨の元本や金利を交換する取引。「スワップ」とはもともと交換という意味。もともと金融機関同士で取引していたものだが、最近は個人向け金融派生商品にも取り込まれるようになっている。通貨スワップには、元本の交換を行なわず、金利部分のみ交換するクーポンスワップなどもある。通貨スワップは様々な方法で使われるが、企業などが資金調達のために債券を発行するときに、必要とする通貨と異なる通貨で債券を発行する場合などでよく用いられる。

関連項目


個人用ツール
表示

索引

記号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0
A B C D E F G H I J K L M
N O P Q R S T U V W X Y Z