色の三属性

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典

いろのさんぞくせい 【色の三属性】

白、黒、灰色以外の色は、どのような色も色相(Hue)、彩度(Saturation)、明度(Brightness)の3つの要素を含んでいる。これを色の三属性という。色を表わしたり区別したりするときのひとつの基準色相とは、赤や青といった色あいのこと。彩度は色の鮮やかさで、彩度の高い赤はより赤く、彩度の低い赤はグレーに近くなる。明度は光の明るさのことで、明度を上げると白っぽくなり、明度を落とせば暗くなる。これらは、色を表わしたり区別したりするときのひとつの基準。色相、明度、彩度ごとに色を分類して立体的に示したものを色立体といい、あらゆる色が色立体のどこかに位置する。マンセル方式では色相(Hue)はH、彩度(Chroma)はC、明度(Value)はVで表わす。


個人用ツール
表示

索引

記号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0
A B C D E F G H I J K L M
N O P Q R S T U V W X Y Z