育児・介護休業法

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典

いくじかいごきゅうぎょうほう 【育児・介護休業法】

労働者の仕事と育児や介護を両立できるように支援するための法律。民間事業主に対して、雇用した男女労働者から、育児や介護の申請があった場合、雇用関係を継続したまま、一定期間の休暇を与えることを認めるよう義務付けている。育児休業法は1992年4月から施行、1995年に「育児・介護休業法」に改正された。育児休業は、満1歳に満たないを養育するために最高1年。介護休業は配偶者・父母・子・配偶者の父母などで、連続3カ月を限度に1人1回の介護休業が認められている。休業期間中は、休業前賃金の40%が雇用保険から支給される。

関連項目


個人用ツール
表示

索引

記号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0
A B C D E F G H I J K L M
N O P Q R S T U V W X Y Z