目標相場圏

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典

もくひょうそうばけん 【目標相場圏】

通貨当局が自国通貨の為替相場を安定させるために介入する上で、目標としている相場の値幅のこと。「ターゲットゾーン」とも呼ばれる。ドルショック以降、先進諸国は「変動為替相場制」を採用しているが、為替相場の変動を市場の需給関係に完全に任せると、現実の経済実体にそぐわない様々な弊害が生じる場合がある。そのため、どの国でも政府が必要に応じて市場に介入を行なう「管理フロート」を採用し、目標相場圏に向けて為替相場を調整している。自由市場での相場形成とバランスを取るのが困難であるため、各国で、目標相場圏を公表するか否か、目標相場圏をどの程度まで弾力的に見直すか、といった点をめぐり様々な議論がある。

関連項目


個人用ツール
表示

索引

記号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0
A B C D E F G H I J K L M
N O P Q R S T U V W X Y Z