熱伝導グリース

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典

ねつでんどうぐりーす 【熱伝導グリース】

半導体部品によっては、消費電力が大きくて発熱量も大きく、放熱対策を行なわないと、破壊されるものもある。そうした場合、ヒートシンクと呼ばれる放熱用フィンを部品に取り付ける。このとき、両者をぴったり密着させないと、放熱効果が悪くなってしまう。そこで、この熱伝導グリースを両者の間に塗り込んで隙間を埋めると、密着させた分、よく熱も伝わるようになり、放熱効果が上がる。

熱伝導グリースの一種としては、シリコングリスがよく知られている。PCでは、CPUクーラーCPUに装着するときによく使われる。熱伝導グリースの代わりに、熱伝導シールという熱の伝わりやすいシールを使うこともできる。


個人用ツール
表示

索引

記号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0
A B C D E F G H I J K L M
N O P Q R S T U V W X Y Z