検疫ネットワーク

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典

けんえきねっとわーく 【検疫ネットワーク】

家庭へのインターネット接続環境の普及や、ビジネスシーンでのノートパソコンの利用拡大などにより、ウイルス感染拡大の危険は今まで以上に高まっている。例えば、自宅で仕事の続きをしていたノートパソコンが、自宅のインターネット接続環境を通じてたまたま何かのウイルス/ワーム感染した場合、そのノートパソコンを会社のネットワーク接続すると、社内LANを通じてウイルス/ワーム対策を行なっていないパソコンに感染・蔓延してしまう危険がある。これは、社外からの攻撃・感染を予防するファイアウォールだけでは防ぎきれない。

検疫ネットワークは、こうした持ち込んだパソコンの感染の有無を調べ、必要があれば駆除するというもので、社内LANとは接続されていないウイルス/ワーム対策・検出システムを持つネットワークに、持ち込んだパソコンをいったん接続してウイルス/ワームの有無を調べる。検疫ネットワークを確実に運用するには、ウイルス/ワーム対策を最新の状態にしておくことと、社内LANから完全に隔離しておく必要がある。


個人用ツール
表示

索引

記号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0
A B C D E F G H I J K L M
N O P Q R S T U V W X Y Z