株式交換

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典

かぶしきこうかん 【株式交換】

株式会社が、対象会社を100%子会社にするための企業再編手法。経済構造改革促進を目的に1999年の商法改正により導入された制度。買収される企業の株主は、所有している株式と交換に、買収する会社が発行する新株を取得できる。買収する企業とは法律的に別法人格を有する結果、買収される企業の従業員による抵抗が比較的少ない。買収側にとっても、新たに自社株を発行して株式を交換するだけなので、買収資金が不要とのメリットがある。ただ、買収側は、常に株価を高く維持する高株価経営を行うことが必要不可欠となってくる。

関連項目


個人用ツール
表示

索引

記号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0
A B C D E F G H I J K L M
N O P Q R S T U V W X Y Z