最低資本金制度

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典

さいていしほんきんせいど 【最低資本金制度】

株式会社を設立するには1000万円、有限会社を設立するには300万円の資本金を用意することを求めた制度。もとは会社の債権者の権利を保護するために制定されたもので、株主等への最低限の責任として用意させたのが最低資本金にあたる。しかし、会社法の変更により、株式会社制度と有限会社制度が統合、これまでの最低資本金制度は廃止され、資本金1円から会社設立登記ができるようになった。これによりいわゆる「起業」がより容易となり、意欲的な若い事業者や既存の枠にとらわれない新しい事業の創成を促進している側面もある。

関連項目


個人用ツール
表示

索引

記号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0
A B C D E F G H I J K L M
N O P Q R S T U V W X Y Z