普通株式

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典

ふつうかぶしき 【普通株式】

最も一般的な株式のこと。株主に与えられる権利は一切限定されていない。日本の証券取引所で取引されているのはそのほとんどが普通株式である。 株式会社は複数の種類の株式を発行できるが、普通株式は標準となる株式のことをいう。普通株式以外には、利益の配当を受ける権利や残余財産の分配を受ける権利を優先して享受することのできる「優先株式」、逆に一般の株主よりも分配が後になる「劣後株式」、子会社の業績に連動する「子会社連動株式」などの種類がある。普通株はこれらの株式の基準となる標準的な株式となる。

関連項目


個人用ツール
表示

索引

記号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0
A B C D E F G H I J K L M
N O P Q R S T U V W X Y Z