定率法

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典

ていりつほう 【定率法】

未償却残高に対して、毎期一定率の償却額を計上していく減価償却方法の1つ。(取得価格-減価償却費の累計)×償却率で算出する。設備等の導入当初は償却額が大きいが、年々償却額が小さくなっていくので、収益力が低下する後年の負担を小さくできるのがメリット。税法上、有形固定資産は定額法定率法のどちらかを選べるが、一般には定率法が使われるケースが多い。

関連項目


個人用ツール
表示

索引

記号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0
A B C D E F G H I J K L M
N O P Q R S T U V W X Y Z