売りオペ/買いオペ

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典

うりおぺ/かいおぺ 【売りオペ/買いオペ】

国の中央銀行(日本銀行)が市場の資金量を調整する公開市場操作(オペレーション)における、主要な調整方法のこと。「売りオペ」は日本銀行が自ら所有する有価証券、手形類を金融機関に売却することで、市場の流通資金を少なくする方法のこと。「買いオペ」は日本銀行が有価証券、手形類を金融機関から買い取ることで市場の資金を増やす方法のことである。特に買いオペは資金が市場に不足ぎみの時、金融機関の支援、景気の浮揚のために行われることが多い。近年は量的緩和政策の中で、買いオペが増加傾向にある。

関連項目


個人用ツール
表示

索引

記号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0
A B C D E F G H I J K L M
N O P Q R S T U V W X Y Z