地域金融機関

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典

ちいききんゆうきかん 【地域金融機関】

地域住民、地元企業及び地方公共団体等に対して金融サービスを提供することを主業務とする、地方に根付いた金融機関のこと。効率性、収益性を追求するとともに、地域住民のニーズに敏感に対応していることが特徴である。地銀、第二地銀といった株式会社形態を持つ金融機関だけでなく、農協、漁協、労働金庫といった協同組織型の金融機関も含まれる。前者は、基盤地域に本店を置き、地域を中心に営業している普通銀行である。一方、後者は会員・組合員の相互扶助を基本理念とする非営利法人であるため、地域住民との運命共同体的な性質がさらに強く、また、各地域の融資の総括、業務の補完を行なう中央機関を持っている。

関連項目


個人用ツール
表示

索引

記号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0
A B C D E F G H I J K L M
N O P Q R S T U V W X Y Z