営業譲渡

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典

えいぎょうじょうと 【営業譲渡】

企業の事業の一部を他社に売却すること。譲渡する対象としては、事業体の財産・債務に加え、事業に必要な営業資産、人員、ノウハウなども含まれる。譲渡する企業にとっては、不採算部門を切り離し、経営基盤強化を図るなど、いわゆる事業の“選択と集中”に貢献できる。買収する企業にとっては譲渡内容を当事者間で取り決めできるため、簿外債務や不良資産まで引き継ぐリスクを回避できるというメリットがある。


個人用ツール
表示

索引

記号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0
A B C D E F G H I J K L M
N O P Q R S T U V W X Y Z