共有

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典

きょうゆう 【共有】 Shared

ネットワークにつながっているコンピューター上のファイルプリンターハードディスクなどの周辺機器を、ほかのコンピューターから利用する機能やサービス。特にネットワーク経由のサービスに限定して使う用語で、単に1つの機器やデータを複数のユーザーで利用する「共用」とは区別される。共有されたファイルや機器は、あたかも自分のコンピューターのものと同じように使える。ファイル共有では、共有を許可したディスクフォルダーを用意して、その中のファイルをネットワーク上のユーザーが利用する。こうしたフォルダーのことを共有フォルダー、共有ディスクといい、特定のメンバー間でのファイルの受け渡しや公開などに使用される。通常、共有フォルダーには、アクセス権を設定して利用する。たとえば、ユーザーによるファイルの閲覧やプログラム実行は許可するが、変更や削除を禁止することで、不正なアクセスや誤操作によるトラブルを未然に防げる。プリンターなどの周辺機器は共有によって、1台の機器を離れた場所の複数のユーザーが利用できることから、低コストと効率化が図れる。

個人用ツール
表示

索引

記号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0
A B C D E F G H I J K L M
N O P Q R S T U V W X Y Z