依存関係

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典

いぞんかんけい 【依存関係】 dependencies

パイプラインアーキテクチャーを持つマイクロプロセッサーでは、複数命令の同時実行が可能である。しかしたとえば、前の命令の実行結果を次の命令で使うような場合、これらの命令は同時実行ができない。このように複数の命令同士が関係を持ち、一方の結果に他方が依存しているような場合、これらは「依存関係のある命令」と呼ばれる。依存関係のある命令が存在すると、パイプラインが有効に機能しなくなる。

依存関係の種類には次のものがある。

w-a-r(write after read)

先行する命令が、あるレジスタから値を読み出す前に、後続する命令が当該レジスタに書き込もうとすること。

w-a-w(write after write)

先行する命令が、あるレジスタに値を書き込む前に、後続する命令が当該レジスタに書き込もうとすること。


個人用ツール
表示

索引

記号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0
A B C D E F G H I J K L M
N O P Q R S T U V W X Y Z