位相差検出法

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典

いそうさけんしゅつほう 【位相差検出法】

対となるラインセンサーを用いて、像の位相差(ズレ)から、ピントの合う方向を検出するAF方式を、位相差検出法と呼ぶ。一眼レフカメラでは、撮影用のレンズで実際に撮影される像を使うTTL方式が用いられ、TTL位相差検出法と呼ばれる。

関連項目

個人用ツール
表示

索引

記号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0
A B C D E F G H I J K L M
N O P Q R S T U V W X Y Z