一般貸倒引当金

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典

いっぱんかしだおれひきあてきん 【一般貸倒引当金】

債権回収ができないことを予想して、そのために引き当てておく金額のこと。金融機関が、融資先企業の融資資金の返済能力を判断し、融資資金を回収できない可能性に備え、あらかじめ計上する引当金のこと。貸出金や売掛金などの債権については、それらが100%回収できるという保証はない。そこで、健全な財務戦略として、それぞれの債権のリスクに応じて、適度な比率で引当金を積んでおく必要がある。事前に準備しておくことで、いざ回収不能になった場合でも、いきなり大きな損失で大打撃を受けるという可能性が少なくなる。

関連項目


個人用ツール
表示

索引

記号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0
A B C D E F G H I J K L M
N O P Q R S T U V W X Y Z