メモリーインターリーブ

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典

めもりーいんたーりーぶ 【メモリーインターリーブ】 memory interleave

メモリーへのアクセスを高速化する機能のこと。搭載されているメモリーをブロック化することで実現する。たとえば、搭載されたメモリーが32MBの場合、16MBずつブロック化して、2つのブロックに同一のデータを書き込むようにしておくと、CPUがメモリーへのアクセスを交互に行うので、大量のデータでも遅延なく転送できる。

関連項目


個人用ツール
表示

索引

記号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0
A B C D E F G H I J K L M
N O P Q R S T U V W X Y Z