メインメモリー共有

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典

めいんめもりーきょうゆう 【メインメモリー共有】

統合チップセットなどで、メインメモリーの一部をVRAM領域として利用すること。パソコンのコストダウンに寄与するが、その分メモリー使用可能容量が少なくなる。状況に応じて共有量を調整するチップセットもある。


個人用ツール
表示

索引

記号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0
A B C D E F G H I J K L M
N O P Q R S T U V W X Y Z