ホワイトバランス (カメラ)

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典

ほわいとばらんす 【ホワイトバランス (カメラ)】 White Balance

デジタルカメラやビデオにおいて、色温度の異なる光源下でも、被写体を自然に写すための設定項目。白を白く写すことが基準となるため、ホワイトバランスと呼ばれる。カメラ、ビデオでは通常、太陽光、くもり空、蛍光灯下、白熱球下などの設定が用意されており、これがフィルムにおける色温度設定に相当する(→色温度)。また、ホワイトバランスを自動的に判別する「オートホワイトバランス」機能が搭載されている。ただ、これらの機能は、撮影すると、実際の色とは大きくかけ離れることも多い。後からホワイトバランスを調整できるRAW画像で撮影しておくことも、場合によっては必要だ。

個人用ツール
表示

索引

記号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0
A B C D E F G H I J K L M
N O P Q R S T U V W X Y Z