スライディングウィンドウ

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典

すらいでぃんぐうぃんどう 【スライディングウィンドウ】 sliding window

TCPにおけるデータフロー制御の概念。ここでいう「ウィンドウ」とは、受信したデータを溜めておくためのバッファ領域のこと。連続するシーケンス番号上に設けられたデータ受信のためのウィンドウは、受信した分だけウィンドウサイズは減少するが、アプリケーションがデータを引き受けるとウィンドウサイズは元に戻り、継ぎのシーケンス番号空間へスライドする。このようすは、シーケンス番号上でウィンドウ(バッファ)がスライドしたように見えるため、スライディングウィンドウと呼ばれる。ウィンドウサイズの増減は、受信側が送信側へ返すACKセグメントを使って同時に通知される。


個人用ツール
表示

索引

記号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0
A B C D E F G H I J K L M
N O P Q R S T U V W X Y Z