ギルバート・アメリオ

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典

ぎるばあとあめりお 【ギルバート・アメリオ】 GilbertAmelio

1995年2月からApple社の会長兼CEOを務めた。過去に米National Semiconductor社をより事業内容をフォーカスした会社として建て直し、以来、「再建家」の異名をもつ。Appleではまず財政難から救うために資金を調達し、経営陣を一新、ユーザーや開発者、ディーラーを同社の一番の資産と唱え、それに感謝する意味でTwentieth Anniversary Macintoshの開発を計画、また日本のユーザー向けにPowerBook 2400の開発プロジェクト、そしてNewton事業を建て直すためにeMate 300の開発とNewton事業の独立を手がけた。またソフトウェアでは泥沼化していたCopland開発計画を打ち切り、Mac OSを段階的にアップグレードする方針を打ち立て、エレン・ハンコックを最高技術統括取締役(CTO)として次期OSの技術を外部の会社に求めた。その結果としてNeXT Software社を買収。NeXT社のOSをベースとしたRhapsodyの開発のきっかけをつくる。これを機会に同社の創立者であるスティーブ・ジョブズスティーブ・ウォズニアックを同社アドバイザーとして招き入れたが、1997年夏の役員会によって突然、解任された。アメリオへのインタビューに基づき、ウィリアム・L・サイモンがアメリオのアップル在任中の17カ月間を綴った『On Firing Lines』(邦訳は『アップル 薄氷の500日』1998年ソフトバンク刊)がある。


個人用ツール
表示

索引

記号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0
A B C D E F G H I J K L M
N O P Q R S T U V W X Y Z