ウォーターフォール・モデル

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典

うぉーたーふぉーるもでる 【ウォーターフォール・モデル】 Waterfall Model

システム開発の手法のひとつ。開発の手順を複数の工程に分割し、滝の水が上から下に落ちるように、上位の工程から順に開発を進めていく手法のこと。各工程が終了したら緻密なチェックを行ってから次の工程に進み、原則として途中で工程をさかのぼることはない。システムの全容が早い段階で明確にできるのが長所だが、仕様の変更や修正が発生した場合に、工程を逆戻りすることが難しいため、期間と費用が多くかかってしまうこともある。大規模なシステム開発に向いており、もっともよく利用されてきた。最近では、より柔軟に仕様変更が可能で、短期間で開発できる開発モデルとしてアジャイルが注目されている。

関連項目


個人用ツール
表示

索引

記号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0
A B C D E F G H I J K L M
N O P Q R S T U V W X Y Z