ウォータフォールモデル

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典

うぉーたふぉーるもでる 【ウォータフォールモデル】 waterfall model

システム開発の技法のひとつで、滝の水が上から下に落ちるように、上位の工程から順にシステムを開発する技法のこと。各工程が終了したら次の工程に進み、原則として途中で工程をさかのぼることはない。システムの全容が早い段階で明確にできるという長所があるが、ユーザーの要望を完全に取り込めずに工程を逆戻りし、期間と費用が多くかかってしまうこともある。大規模なシステム開発に向いており、もっともよく利用されている技法である。

関連項目


個人用ツール
表示

索引

記号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0
A B C D E F G H I J K L M
N O P Q R S T U V W X Y Z