ウイルス

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典

ういるす 【ウイルス】 virus、computer virus

主にOSアプリケーションセキュリティ上の欠陥やバグを突き、コンピューターに何らかの不正な動作を行なわせるプログラム。一般的には、①自分の力で他のホストファイルへ伝染する「自己伝染機能」、②ホストの中でじっと待つ「潜伏機能」、③条件が整ったら活動を始める「発病機能」の3つのいずれか(またはすべて)を備えた不正プログラムを指す。ウイルスを大まかに分類すると、自己伝染機能を持つ「ワーム」、潜伏機能を持つ「トロイの木馬」、発病機能を持つ「ロジックボム」の3種類に分けられる。そのほかウイルスは、機能や性質によってもいくつかに分類される。古くからある「実行ファイル/ブートレコード感染型ウイルス」や、マクロ言語で記述された「マクロウイルス」、ホストのメモリー内に潜む「メモリー常駐型ウイルス」、メールを感染経路に利用した「メール添付型ウイルス」などが挙げられる。なお、世界初のコンピューターウイルスは、1987年にイスラエルで発見された、VAX用のBrainウイルスといわれている。ただし同ウイルスは、Brain兄弟が経営するソフトウェアハウスが開発したソフト違法コピーを防ぐ目的で開発された。違法コピーをした場合、製品を購入するように警告を発するというもので、悪質な動作を行なうものではなかった。

関連項目


個人用ツール
表示

索引

記号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0
A B C D E F G H I J K L M
N O P Q R S T U V W X Y Z