インプレースアクティベーション

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典

いんぷれーすあくてぃべーしょん 【インプレースアクティベーション】 inplace activation

WordExcelに見られるように、リンクもしくは埋めこまれたドキュメントアクティブにすると、メインウィンドウのメニューツールバーなどが、そのドキュメントに対応するアプリケーションのものに変化する機能。OLE 2.0からこの機能が追加された。OLE 2.0以前では、埋めこんだドキュメントをアクティブにすると、対応するアプリケーションが別ウィンドウ起動され、そこでデータの編集を行なうようになっていた。


個人用ツール
表示

索引

記号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0
A B C D E F G H I J K L M
N O P Q R S T U V W X Y Z