インターネット公売

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典

いんたーねっとこうばい 【インターネット公売】 Internet public auction

自治体や行政機関などが、税などの滞納者から差し押さえた不動産、動産などの財産をヤフーが運営するインターネットオークションを利用して入札、または、せり売りの方法で売却する公売手続のこと。2004年7月に、東京都とヤフーが提携して初めて実施した。不動産に比べて動産の公売への参加者は少なく、広く公売参加者を募るためにインターネットオークションの利用を思いついたといわれている。その後、参加自治体は増え、30以上の都道府県、200以上の市町村や行政機関が参加している。インターネット公売はヤフーIDを取得し、公売保証金を納めれば、個人・法人を問わず誰でも参加できる。

関連項目


個人用ツール
表示

索引

記号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0
A B C D E F G H I J K L M
N O P Q R S T U V W X Y Z