インターディーラー市場

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典

いんたーでぃーらーしじょう 【インターディーラー市場】

証券業者間で証券の売り買いを行なう市場のこと。公社債をおもに取り扱う。公社債は売買単位が大きく、銘柄が多様なため証券取引所での取引になじまず、主として店頭市場で売買されている。そのため、証券業者が個々にストックし、投資家に流通させるにはコスト高になりすぎるため、証券業者間で在庫保有を減らしつつ、互いに融通しあうことが必要となる。このような業者間の取引を行なう場がインターディーラー市場であり「東証国債大口取引」や「日本相互証券会社(B・B証券)」などの第三者が取引仲介の役割を果たしている。


個人用ツール
表示

索引

記号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0
A B C D E F G H I J K L M
N O P Q R S T U V W X Y Z