インストラクションキャッシュ

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典

いんすとらくしょんきゃっしゅ 【インストラクションキャッシュ】 instruction cache

マイクロプロセッサー内部に設けられた、コンピューター処理速度の高速化を図るために利用する高速な記憶装置キャッシュメモリーの一種で、プログラムを一時的に保管する領域CPUは処理する使用頻度の高い一連の命令(プログラム)を、高速にアクセスできるキャッシュメモリーに一時的に蓄積しておくことで、低速なメインメモリーへのアクセスを極力減らすように設計されている。インストラクションキャッシュは、そのプログラムを保存しておくキャッシュメモリーのこと。

関連項目


個人用ツール
表示

索引

記号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0
A B C D E F G H I J K L M
N O P Q R S T U V W X Y Z