インサイダー取引

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典

いんさいだーとりひき 【インサイダー取引】

会社の内部者情報に接する立場にある会社役員等が、その立場を利用し会社の重要な内部情報を知り、その情報が公表される前にこの会社の株式等を売買する行為。一般の投資家との不公平が生じ、証券市場の公正性・健全性が損なわれるため、証券取引法で禁止されている。1992年に発足した証券取引等監視委員会が日々、取引内容を精査し、これまで30件以上の違反者を地方検察庁に告発している。また金融庁は2005年4月から、インサイダー取引における行政制裁金(課徴金)制度を導入。可罰的違法性案件(罰則に値する案件)を対象にした新たな罰則制度を設けた。

関連項目


個人用ツール
表示

索引

記号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0
A B C D E F G H I J K L M
N O P Q R S T U V W X Y Z