αDATA

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典

あるふぁでーた 【αDATA】

DDIポケット電話がサービスを開始したデータ通信伝送方式デジタル対応のαDATA32アナログ対応のαDATAの2つがある。

このうちαDATA32では、PIAFSと同様に32kbps(実行速度28.8Kbps)でのデータ通信が可能。αDATAメディア変換方式と呼ばれており、先方のメディアによらず利用できる点がPIAFSと大きく異なる。PIAFSでは、発信者側だけでなく受信者側にもTAPなりPTEといったPIAFS対応の機器が必要とされる。これに対しαDATAでは、無線Internet通信(デジタル)、無線モデム通信(アナログ)、無線FAXモデム通信(14.4kbps)の3機能を備え、先方がISDN対応のプロバイダー、アナログ対応のプロバイダー、アナログFAXの場合にも利用できることを特徴としている。

αDATAの伝送の特徴は、PIAFSがEnd-to-Endでエラーを修正するのに対し、PHS端末と基地局間でエラー訂正が完了する点にある。PHSの伝送途中に生じるエラーは、主に無線部分で起きるため、基地局でエラーを訂正しても問題はない。


個人用ツール
表示

索引

記号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0
A B C D E F G H I J K L M
N O P Q R S T U V W X Y Z